本文へ移動

現代影絵劇

中国・インドネシア・トルコなどアジア諸国で伝統的な影絵劇は今も継承されています。その中にあって、日本では、江戸時代(1603-1867)に著された文献に、写し絵という影絵文化があった事を伺い知ることができるほか、古くから庶民の遊びとして「手影絵」がありましたが、これは、両手の指を組み合わせて人や動物や日用品などの形を造り、壁や障子に写し出すという素朴な遊びの一種であったようです。
日本において、いわゆる「影絵劇」が生まれたのは今からわずか半世紀前のことです。テレビの創世記に影絵の実験放送が行われ、その後飛躍的な進歩を遂げました。
日本の現代影絵の基本的な照明方法は、3つのタイプに分ける事が出来ます。
  1. プロジェクター(OverHeadProjectorやDataProjector)などを多用し、背景に豊かで鮮明な色彩を求めるタイプ。
  2. 地明かり(FlatLight)を主体とし、シンプルな表現の中に、影そのものの魅力を追求するタイプ。
  3. プロジェクターと地明かりの両方の可能性を最大限に引き出すタイプ。
上記の照明方法に加えて、大型スクリーン、立体スクリーン、変形スクリーンなどの多様なスクリーンの使用、人間劇、人形劇、パントマイムなどを取り入れた総合的な創作活動が現代日本影絵劇といえます。
劇団影法師では、1978年の劇団創立当初より、「影絵」にこだわった独自のスタイルの公演を続けており、日本の現代影絵文化を代表する作品を製作し、現在世界28カ国、84都市での公演を成功させています。
 特に、劇団影法師が創出したオリジナルパフォーマンス「人間影絵劇(ヒューマンシャドウ)」は、身体のすべてを使ってスクリーン上で繰り広げるニューパフォーマンスとして国内外での評価が高く、世界中から注目されているパフォーマンスとなっています。
特徴としては、手影絵や指影絵のように一人一人が表現するものではなく、何人もの俳優が身体を組み合わせてあるものを造形したり、またそこにパントマイム的な芝居を加えたり、俳優がスクリーンから飛び出したり、影とのダンスなど豊かな表現へと展開していきます。 また、今まで美しい影絵の鑑賞型の舞台が主流であった「影絵劇」が、観客の想像力をかきたてる、「体験できる刺激的なパフォーマンス」といえるのもこの「人間影絵劇」の最大の魅力です。
株式会社劇団影法師
〒180-0012
東京都武蔵野市緑町2-1-5
TEL.0422-54-7770
FAX.0422-54-6070
TOPへ戻る