本文へ移動

中国寓話「鶴と亀」

まるで生きているような、生き物たちのやりとり

鶴と亀のコミカルなやりとりが、かわいく観ていて楽しい作品。ノンバーバルで、老若男女どなたでも楽しめる内容になっています。鶴や亀の他にも、カエルに魚に蝶々など、たくさんの生き物が登場し賑やかに画面を彩ります。
 
中国寓話 「鶴と亀」 上演時間:10分
 
演出:柴 廣義
 
【あらすじ】
ある日のこと、湖を小さな亀が泳いでいました。岩に辿り着き上り始めた亀に、舞い降りてきた一羽の鶴がそっと近づき、長いくちばしで亀の尻尾をつつきます。驚いた亀は首をすくめ、慌てて逃げ出しました。そして鶴が魚をついばみ始めると、今度は亀がそのくちばしに噛みつきます。さあ大変、鶴も大慌てです。さてどうなることやら・・・
株式会社劇団影法師
〒180-0012
東京都武蔵野市緑町2-1-5
TEL.0422-54-7770
FAX.0422-54-6070
TOPへ戻る