本文へ移動

幼児演劇「たまご」

幼児演劇の先進国スウェーデンの手法による創作劇。
このお芝居では子どもたち、演技者、そしてかわいい人形や影絵が一体となって織り成すファンタジックな世界を一緒に遊びます。
 
【お話】
ひとつのたまご。白い殻につつまれたその中身は、何を考えているのでしょうか...。
大きくなったら鳥のように大空を舞ったり...。
白い殻につつまれた、たまごは
夢を見ながら、大きくなる日を待ち続けます。
そして、ある日、とうとう、白い殻を破って、たまごの中身はでてきました...。
 
 
 
【主なスタッフ】
【脚本・演出協力】SOJI KAWAKITA
【演出】和田覚
【美術】伊藤行也
【音楽】五十嵐白林
【企画・製作】(株)劇団影法師
TOPへ戻る